FC2ブログ

越後妻有コラボ甘味屋台のその後

御礼と、コラボ甘味屋台のその後についてのお知らせと

Thankful message and some happy news about my stall


(長文失礼します)こんにちは!

9/17をもって越後妻有大地の芸術祭2018が閉幕しました。

まず、お越しくださった皆様、各方面でご協力いただいた皆様、本当に本当に、ありがとうございました!

猛暑から始まった51日間、当初は果てしなく感じましたが、終わってみると一瞬のことでした。


参加させていただいた企画展『方丈記私記』の趣旨は、「四畳半の空間に見る、世の流れに翻弄されない生き方」。

過疎化が進み難しい局面にいる郊外市街地が活性するため、限られた空間でどんな提案ができるかという問いでした。


わたしはその中で小さな屋台を作り、生産者さん(農業)×お菓子屋さん(製造業)×こどもたち(イラスト)×地元住民さん(販売)とのコラボレーションによって出来上がったお菓子9種類を販売しました。

自分なりのテーマは、「多世代多業種の協働」。

こどものキラキラしたパワー、若者の活気とたくましさ、熟練者の技術と優しさ。各業種のプロフェッショナル魂。

これらが調和して機能することで、物事は、空間はもっともっと輝いてくるはずだと思う気持ちからスタートしました。



といっても実際は「まず炎天下でお菓子が売れるのか?」の不安から始まり、各調整と制作とのせめぎあいで冷や汗だらけでしたが、、、

結果、用意した約7,000個の商品は完売。最終日にはちっこい屋台の前に行列が出来るという驚きの事態となりました。

お客さん、お手伝いしてくれたチーム屋台、他出展者さんやサポーターさん、キナーレスタッフさんに主催の事務局さん、

みなさん寛容でチャーミングで、おかげさまでひたすら楽しく、気持ちよくお店を切り盛りすることができました。



そして、嬉しい嬉しい展開が2つあります。

■まず、開発した商品のうち数種類が、各お菓子屋さんでも販売される運びとなりました。

予想を上回る数の「今後も食べたい!」との声をお客さんからいただいたことから、実商品化が決定しました。バンザイ!


■そしてそして。。!このコラボ甘味屋台、継続プロジェクトとして続行することになりました!!

そんなご提案をいただけるとは微塵も予想しませんでしたが、光栄の一言に尽きます。

今後もいろんな機会で、様々な農家さん、お菓子屋さん、こどもさんたちと一緒に、賑わい空間を作っていけたら幸せです。

雪解け後になると思いますが、開始時期が決まったらその時またお知らせさせてください。



未熟ながらデザイン×アートの分野で修行してきて、

そこから「まちづくり」という広く大きな分野に力添えできるようになること、が今後の目標です。

十日町のみなさま、そして各地のみなさま、これからもどうぞよろしくお願いします!

大地の芸術祭という素晴らしい舞台に立てて、幸せでした。楽しい楽しい、夏でした。



I do feel grateful that I have participated in the Echigo-tsumari Art Triennale 2018, and implemented what I was longing to address for a long time. My project was creating a sweets-stall, collaborated with local farmers (for ingredients)/ sweets shops (for products)/ children (for illustrations) and residents (for a sale). We produced the limited nine sweets and sold at the stall during the Triennale. At first it seemed never-ending tasks to open the stall for 51days, but was so quick and I just enjoy chatting with the customers including those coming from the local, other prefectures and even abroad. 

Then I am so happy to announce the two news: Some of the products will be available at the actual sweets shops!

And - my stall has been decided to remain in the museum and the project will be continuing from the next year. So that I will be aiming to expand the positive energy among the team, and spread the rich food-culture of the town to the world! Thank you all those who helped me archive the project, who came to visit Echigo-tsumari, and who dedicated to create the wonderful art festival!



075.jpg 

photo by studio HATOYA


2018越後妻有-16+ 

photo by katsumi orita


2018越後妻有-8

photo by katsumi orita


 2018越後妻有-3

photo by katsumi orita

 2018越後妻有-74


photo by katsumi orita

 029.jpg 


photo by studio HATOYA



大地の芸術祭2018

大変たいへん遅ればせながら。。。

新潟県十日町市・津南町で3年に1度の大きな祭典「越後妻有 大地の芸術祭2018」が開幕しまして、
私は会場の1つ、里山現代美術館キナーレで「方丈記私記」という企画に参加させていただいています。国内外の作家さん、建築家さん、デザイナーさん30組ほどが色々な機能を持った四畳半の空間を作りユニークな「村」になっていて、私はその中で小さな屋台「越後妻有コラボ甘味屋台」を作りました。


これは何かというと、半年弱かけ地元の農家さん13軒、お菓子屋さん6軒と9種類のお菓子を開発し、50人超の子どもさんたちのイラストでパッケージをデザインした、多世代他業種のコラボレーションプロジェクトなのです。そしてそして試作を何度も重ねて出来上がったお菓子、ほんっとうーに全部美味しい!どれもこだわりの厳選素材ですが、少し傷があったり形が不揃いの規格外品を優先的に使わせてもらっていて、優しい価格となっています。販促物からイスまでぜんぶ丸っと手作りの、効率化や均一化の文字とはやたら程遠い屋台です。


全体2web



目的はズバリ、この土地の美味しい魅力を発信すること!
素晴らしい生産者の方々から教えてもらった食のものづくりの大変さと尊さを、お客さんに美味しく楽しくお伝えしたいと思っています。

自然と美術が融合する、世界的な芸術祭。いつか出れたら。。と憧れていた夢の舞台に立てて、やりたかったことを形にすることができて、幸せの一言に尽きます。各方面でご協力いただいた方々には感謝しかありません。

39249635_2048347911844211_5132680802861056000_o.jpg
 39287811_2048347825177553_1104884855201595392_o.jpg

 39055261_2048347941844208_8267072803618947072_o.jpg

 39121892_2048347701844232_807354165457059840_o.jpg

(スタジオhatoyaさんに、写真を撮っていただきました。
なんて自然体かつドラマチックに!ありがとうございました!)


そして仲良くなったお子さんたちが、子ども店長さんになってくれたり、屋台の工作品を作ってくれたり!

商品のお菓子を折り紙で作って持ってきてくれた子、「美味しかった金メダル」をプレゼントしてくれた子、「夏の一番の思い出」のタイトルでなんと屋台を丸ごとミニチュアで作ってくれた子!本当に、本当に嬉しい。

子どもたちの生き生きした力と、大人たちの技術と愛情。
多世代のコラボレーションが調和することで、あたたかい空間を創り出すことができるんだと確信しました。
1パッケージ


 2ミニ


 3のんちゃん


 4みっちゃんプレゼント


6みずほちゃん


その他にも、
平日の屋台を切り盛りしてくれる4人の頼もしい地元メンバーさん。
お野菜提供に両替に車レンタルに世話になりっぱなしなバンブー父さん。
日々楽しく励まし合える、他スタッフさん出展者さん。
たくさんの方々との協働のおかげで、何にも変えがたい日々を送れています。
そして遠くからはるばる来てくれた友達、恩人の方々に逢えると、疲れなんて吹っ飛ぶもんだ!
本当に、ありがとうございます。

泣いても笑ってもあと二週間!
行こうかなあと迷ってる人はぜひ、ぜひ、来てくださいませ。世界に誇れる芸術祭と町です!


Feel already sad that the echigo-tsumari art triennale 2018 is over in two weeks.
There are lots of collaborations happened in my project, among local residents including both children and adults.
(One of my dreams, working with kids illustrators came true!) I have learned how to create the multi-generations' collaboration, which has so much possibilities to animate the place and the town. Anyway please come over to Niigata prefecture, to meet the wonderful artworks, nature and the people!

おやこ小学校展

こんにちは!

梅雨もすぐそこですが、しゃかりきでお知らせ。

高松市にあるTHE SHOWER GALLERYさんにて6/1から「おやこ小学校展」を開催させていただいています。


おやこ小とは親子が同級生になる学校づくりのプロジェクトで、2016年度高松市AIR事業として仏生山町にて実施した後も場所を残し、一年半かけ色々な授業を行いました。閉校したものの嬉しいご縁で今回、アーカイブ展示として復活です。


078A3996.jpg _78A4014.jpg 078A3997.jpg

DSCF3570.jpg


滞在した3日間は上映会、トークショー、特別授業とギュっと詰め込み、たくさんのあたたかな方々がお越しくださって、とてもとても幸せでした。


DSCF5096.jpg DSC_1684.jpg DSC_1579.jpg DSCF4202.jpg DSCF4254.jpg DSCF4358.jpg DSC_1382.jpg


DSCF3733.jpg


DSCF4565.jpg DSCF4643.jpg DSCF4753.jpg DSCF4762.jpg


DSCF6062.jpg

塾でもない、遊び場というのもちょっと違う。「おやこ小学校です」としか言い表せない妙な場所でしたが、ここで得た学びや関係性は1億円出しても買えるものじゃありません。大人もこどもも、家族も他人同士も、こんなに思いやり合うことができるんだと感動した企画でした。



THE SHOWER GALLERYさん、特別授業の講師もやってのけた管理人まっつんさん、快くトークゲストを引き受けてくださった高松市文化芸術振興課の一原玄子さん、仏生山まちプランニングルームの藤澤清隆さん、授業にご参加くださった生徒さん、そしてお忙しい中ご来場くださったみなさん。本当にありがとうございました!


会場でも流している動画は、桑沢の後輩岡本弘輝くんが半年かけて編集してくれました。
https://vimeo.com/274227292 (長いけど、ご興味ある方はぜひ。おかもブラボー!!)
溢れ出る想いをうりゃーと無理やりまとめていますので、もしお近くにお越しの際は、お立ち寄りいただけると嬉しいです。6/22まで!


http://www.the-shower.com/

写真:藤本達也/辻康一

三茶で日本酒醸造所づくり!

東京・三軒茶屋で醸造所を作ります!


こんにちは〜気づけば夏もすぐそこじゃないか!

月日の経つことの速さったら、全く年々驚かされちゃいますね〜。。。


さてさて、立ち上げからのお付き合いである日本酒ベンチャー株式会社WAKAZEが、この度都内で自社醸造所兼飲食店をつくることになりました。施工も開始し、モリモリお店が出来ていっています。私はイメージ作りやデザインで関わっており、設計と現場総監督は日頃大変お世話になっている望月成一 さん。多大なる無茶振りに応えていただき、頭が上がりません…。


外観new+仮small

日本酒だけど、洋食と合わせるコンセプトのためにタパスを提供するんだって。

そのため外観も、絶妙に和+洋のイメージが求められる。。むずかしい!

 カラー_店内+++0515


起業3年目にしての新規醸造所造りなんてどんだけのリスクだよ!と当初はびっくりしたけれど、「日本酒を世界酒にする」信念をぶらさず、決死の覚悟で挑む彼らに感動しました。どこにもない面白い場所が生まれるかも、とわくわくしています。



そんなわけで絶賛資金面は苦しい状況なのですが…クラウドファンディングを通して、店で作るお酒やお食事券などなど購入できます。
もしご興味あれば、ご一読くださると嬉しいです。


https://www.makuake.com/project/wakaze-sakagura/

お店は夏にオープン予定なので、一緒に楽しくお酒飲みましょー!



I am involved to work on the project creating a sake brewery/bar in Tokyo. It is the biggest challenge for the company WAKAZE Inc. as they are still new in the industry though, they have a certain will to expand pleasure of Sake to the world. Please come to visit Sangenjaya, Tokyo this summer if you are fancy a cup of Japanese Sake!

大地の芸術祭2018

大地の芸術祭2018に、ででで、で、出ます!
Echigo-Tsumari Art Triennale 2018



こんにちは。ひとつ、嬉しいお知らせをさせてください。
新潟県で3年に1度開かれるアートの祭典「大地の芸術祭2018」に、参加させていただけることになりました。
ずっと憧れていた夢の舞台に立てること、泣けるほど幸せです。

去年企画展に参加させてもらえたのも光栄だけれど、なんていってもこれは「本祭」。

10年前、アートがどうとか何も考えてなかった時に友達に誘われ見に行って、なんかよくわからないけどすごいな〜とボーッと見ていた場所に、参加作家として戻れるなんて。


そして今、人生で初めて図書館に通って勉強している分野がありまして。ズバリ「農業」でして、これについてはもう目からウロコの学びが多すぎて、複雑すぎて、とてもきちんと語れる段階にいないのですが、、とにかく「知りたい」気持ちでいっぱいの今です。今回この越後妻有で、農業に関わるプロジェクトをできそうで、それもとても嬉しい。


各国各方面から集まる参加作家の面々がすごすぎて萎縮してしまうけれど…自分ができることが何か、うんと模索します。

7/29から9/17まで。ぜひ新潟県に遊びに来てください。そして十日町のみなさま、どうぞよろしくお願いします!


www.echigo-tsumari.jp


Very happy to announce that I will be participating in an art festival called “Echigo-Tsumari Art Triennale 2018”, which is one of the greatest exhibitions I have been aiming to take part in. It is so exciting to think what I can do for the local residents, and the visitors coming from over the world. Please come to visit!