おやこ小とアートプロジェクトと

こんにちはこんにちは、ベランダ越しの風が気持ち良かったり、スーパーにスイカが出てきたりと良いかんじの季節です。
さてさて今日はちょっと頑張って、今考えていることを言語化してみようと思います。
スバリ、自分にとってのアートプロジェクトとは何だ、ということ。
先日取り組んだ企画がこのテーマを改めて考える大きな機会になって、後で読み返して恥ずかしくなるかはさて置き今まとめねば、と火がつきました。


香川県高松市、仏生山町で「高松私立おやこ小学校」という名前の企画を行っています。(www.oyako-school.net)
昨年度の高松市アーティスト・イン・レジデンス事業として実施させてもらったもので、教室に改装した空き店舗で一ヶ月間、親子さんを対象に授業を行いました。
親と子が「同級生」という立場になって共同作業をするとどうなるだろう、と自分の中で前からほんわり温めていたアイデアで、実現できることが決まった時は嬉しかったのなんのって。



空気も人もやわらかい四国、ぽこんとした可愛らしい山に囲まれた、穏やかな仏生山町。
住民の方々が手助けをしてくれ、床貼りから机まで全部手作りの教室が完成し、講師の先生方、文化芸術振興課さん、本当に色々な方のおかげで無事に4週にわたる授業を終えることが出来ました。

おやこ小1210_中3 

そしてまた参加者の全員がびっくりするくらい素敵な方々でした。個性豊かな子ども生徒さん、その子を愛おしそうに見守る大人生徒さん。
回を重ねるごとに距離も少しずつ縮まり、教室から笑い声が溢れるようになりました。
町の人に教えてもらって焼き芋も焼いたし、干し柿も作りました。仲良くなった兄ちゃんたちが覆面を被って脅かしに来たり、サンタクロースにもなってくれました。
毎回、驚きと喜びの連続で、その中でたくさんたくさんの発見がありました。

おやこ小cover___


そんなわけで任期が終わって撤収になる頃には「おやこ小を続けてみよう」という気持ちで満たされていて、よし、自主企画として続行しよう!と決めたのです。
場所をそのまま残させてもらい、季節に1回の開催を宣言して東京に帰りました。
ただやっとこさ普段のデザイン業務も波に乗り出したところの、まだまだ半人前の自分です。日々手一杯の中での、長距離手弁当企画の継続というものは予想した以上に大変だ、と時間が経つにつれ痛感。
やっぱり継続は厳しいかな、でも決めた以上は、、とひとまず春の授業に向けて動き出しました。
近所の小学校での少年野球チームの練習風景を見てから心は「野球をやりたい!」の一点になり、科目を体育と設定。滞在中にお世話になった、仏生山ビガーズ野球団の代表佐次さんにご相談すると、ニコニコ話を進めてくださり。
もう1日は、これまた素敵なご縁で出会えたヨガティーチャーのかわだゆきみさんに「親子でヨガ」をお願いできることになり、5/20-21、雲ひとつない青空の下で体育の授業が開催されました。

IMG_3552.jpg

DSCF8961.jpg

(写真:泉川由希/辻康一/坂東卓美/藤本達也)

これがもう、予想を遥かに超える素晴らしさだったんです。
20日は、小さい子でも楽しめるようにと野球を簡単にアレンジした「Tボール」という種目を河野徹夫さん率いるビガーズチームで教えてくださったのですが、「じいちゃんも連れてきた」と3世代で臨む親子さんもいて、チーム内での年齢層はなんと5歳から69歳。
親子キャッチボールから始まり、勇姿を見せるパパさん、若かりし頃の姿が蘇るじいちゃんのホームラン。打てなくて悔しくて泣く男の子、それをなぐさめるママさん、みんなにサポートされて野球デビューした5歳の女の子。全員で、グラウンドに向かってお辞儀。誰が見たって最高の情景でした。

DSC_6370.jpg

DSC01251.jpg

DSC_6316.jpg

DSC01362.jpg

DSC_6339.jpg

DSCF8990.jpg

DSC01400.jpg

IMG_3613.jpg


21日は向かいのコミュニティセンターさんでのびのびヨガ。心を落ち着かせて集中するってなかなか難しいことだと思うけれど、親子で背中をくっつけて温度を感じたり、指で背中に文字をかきあったりと、ゆきみさんの素晴らしい発想と明るいご指導によって、みんなで楽しく取り組むことができました。親子問わず、大人もこどもも手をつないだりしちゃって。こんな機会もあって良いよなあとしみじみ。

DSC_6497.jpg

DSC_0043.jpg

DSC_0059.jpg

DSC_0129.jpg

DSCF0056.jpg

DSCF0314.jpg


そしてそして各々忙しいのにも関わらず、気づけば4人もの町の方がカメラマンとなって写真を記録してくれてて。潤沢すぎるアーカイブが揃いました。トラブルで普段のホテルが取れなくなった今回、快く泊めてくれたご夫婦にお姉さん。美味しいうどん屋に連れていってくれた人、夜ドンジャラをして遊んでくれた人。他にも差し入れ、お土産、場所貸しと、してもらったことをあげればキリがありません。
これは一体なんなんだろうなあ、と改めて考えました。
誰も金銭的な得は無くって。仕事じゃない、すなわち義務でもない。
そんな中、ただのよそ者の、知名度もない駆け出しの小娘の企画に、こうやって力を貸してくれるひとたち。
みんな「まちのためにしてくれてる」と言うのですが、数ヶ月に一回、20人規模で開催されるだけの企画がはたして本当に町のためになっているかというと、懐疑的だと思うのです。自分はどう受け止めるべきなんだろう。ただわかることは、生徒さん、先生、町の人、みなさんに感動した、ということ。



うどんをいただきながら、ビガーズ野球団にかれこれ数十年携わってらっしゃる佐次さんに、どうして続けているんですかと聞きました。ちょっと考えたあと佐次さんは、「やっぱり子どもが好きだからだけんのう」とおっしゃいまして。
この答えは衝撃でした。野球チームの指導者、全ボランティアのご活動です。器が違うよ。
勝手に仕事やなんやでいっぱいいっぱいになってた自分が恥ずかしくなりました。
かわいい子どもたちがいる。素敵な大人のひとたちもいる。ご縁で知り合えて、一緒に楽しい気持ちを共有できている。やりたいものを作れている。
これ以上にどんなモチベーションが必要だというのでしょう、アホんだれが!
今の自分にお釈迦様のような悟りなんて開けるわけもないけど、でもとにかくこの一連の出来事で、頭の中がスッキリしたのです。



冒頭、「アートプロジェクトって何だ」に戻って。
「プロジェクト」っていうのは、計画が生まれて、関わってくれる人がいて、ゴールがあって達成!となる一連の企画のことと思っているのですが、
自分にとって一番の喜びは間違いなく「その人たち」との出会いと関係性です。マニュアル化なんぞできない、それぞれの人柄が現れ、相互に作用して、新しいものが誕生する。そこには人間だからこそ生まれる感情や発見、感動がある。

uc3.jpg1383385_790537237659542_6092430858390059638_n.jpg12304165_978778605502070_8378020421071202354_o.jpgnakanojo2.jpg13584626_1105589796154283_1591133010316872543_o.jpg海賊船-180

そうかー、
自分にとってのアートという言葉って、置き換えるのであれば「感動」なんだなあーと思いました。
理屈を超えて、心がじーんと揺れる。暖かくなる。
すなわちアートプロジェクトのゴールは、感動創造、です。それは、プロジェクトに関わる人全員の力と相互作用によって生まれるものです。参加してくれる方、手伝ってくれる方、見てくれる方、もちろん主催側のスタッフの方、みんな。
そのきっかけを提案して、完結するまでを指揮、演出することがアーティストの仕事なのかもしれない。
だからわたしは続けたいし、まだまだ道のりは長いけど、良いアーティストになりたい。そして任務を全うする、良い仕事人になりたいと思いました。
逆に言えば、これが当てはまることは何でもアートだし、何の職業の人もアーティストで良くて。
本業か副業か趣味か、それも色々あってよくて、でもその道で意義を見出して続けるうちに、プロフェッショナルというものになっていけるのかもしれない。
もちろん10人いたら10通りの答えがあって、今の私にとっての定義はコレだなあ、と改めて感じました。
たくさんの人と、たくさんの感動を、喜びを創り出したい。
決して楽ではないけれど、うんと楽しい。心身共にクタクタにはなるけど、生きてて幸せだなあと感じる。


イギリスから帰ってきて個人として活動を始めて、夏で3年。初めて訪れた場所で当時中学生だった女の子達は、卒業の連絡をくれて、高校生になりました。
もう3年、まだまだ3年。
なるべく頭の中をシンプルにして、これからも一生懸命がんばるぞ。

おやこ小次回は夏、7月末に開催します。
これからもたくさんの良いご縁がありますように。

何が言いたかったって、いろいろと助けてくれてるアナタ、本当にありがとう。
(そして暑苦しい駄文を読んでくれてありがとう。)


2017.05.26
YORIKO



八王子アソブイエ

《子どものあそぶいえ、できた!》


こんにちは。GWが始まったと同時に、虫歯が悪化し頬がパンパンに腫れ思考が停止した私です。
そんなことはさておき、またひとつ嬉しい空間が完成したのでお知らせさせてください。


八王子市に来週オープンするカフェ「まちなか交流・活動拠点kikki+」の中のキッズスペースを創らせていただきました。木々や緑あふれるカフェということで、木材の恐竜や生き物たちが楽しく暮らす小屋「アソブイエ」を考案。総ヘッドの保先生、お弟子さんや工学院大学の学生さんたちと全7日の工程で1から作り上げ、ちびっこワークショップで飾り付けを加えて完成させました。


いつもに増して多種多様な人々と一緒に手を動かして場所をつくっていくことが本当にほんとうに楽しくって、ひたすら笑いながら制作した日々でした。子どもワークショップのエキスパート、土橋遊ちゃんと一緒に仕事できたことも嬉しかったなあ。
kikki+は13日からオープンです。本当に、ありがとうございました!


みなさん虫歯には気をつけてね。


The latest happy project, creating a playground for kids is done!
It is meant to be a part of cafe called “kikki+”, opening from next week in Hachioji, Tokyo. We made a team consists of Uni lecturer and his fellows, and built it up in 7 days. It was a wonderful experience for me to work with such a various local people including students and kids. Play hard, work hard!



Producer/Creative Director:Kiyohito Tamotsu
Art Director/Space Design:YORIKO
Created by : Team Tamotsu(Kiyohito Tamotsu, Yuhei Matsunaga, Yoriko, hossam, Yusuke Nakashima and Kogakuin uni students)
Workshop : Yu Dobashi, YORIKO
Photo : Takuya Yanagida


《まちなか交流・活動拠点kikki+》
www.kikkiplus.jp
住所:東京都八王子市八日町3-15
運営:特定非営利活動法人ポケットパーク


IMG_0314_.jpg

カラフル恐竜たちの住むおうちだよ!


IMG_0322_.jpg


IMG_0352_.jpg

じぶんのせきにんでじゆうにあそぶ。そういうこと!


IMG_0367_.jpg

山から切り出した双子の木もあるよ


IMG_0377_.jpg

中でもいろんなことしてあそべるよ


IMG_0245_.jpg

5/5こどもの日はワークショップのエキスパート、土橋遊ちゃんと一緒にちびっこモビール作り。


IMG_0263_.jpg

アソブイエにあったらいいなのものたちが勢揃い!


ma1.jpg

making:土台から自分たちでつくっていき


ma2.jpg

あっというまに小屋ができ


ma3.jpg

楽しくペイントしていき


ma4.jpg

賑やかになっていきまして


ma5.jpg

完成!チーム保。

ランドスケープデザイナーである保先生(ラテン系)、たもつ先生の一番弟子まっつん(ヨーロッパ系)、サウジアラビアから夢を抱えやってきた工学院大学hossam(中東系)と毎回それは楽しく制作しました。

ma6.jpg

当初のスケッチ。だいたーい、あってる!


IMG_0288.jpg

手伝ってくれたおとなのみなさまと。

いやはやおとなもちびっこも、どちらも素晴らしいよ!


ツヅケ!




中之条6次産業プロダクト

こんにちは!
窓を全開にして過ごしたくなるようなあったかい春の日です。
久しぶりにお仕事のことを書こうっと!

去年参加させてもらった群馬県中之条町で行われる芸術祭、「中之条ビエンナーレ」。
また今年もやってくるのですが、その中之条町にこの冬は別件でよく通いました。
中之条町観光協会さんによる、町の6次産業を推進する取り組みにデザイン担当で呼んでいただいたのです。

(6次産業というものが何だかよくわかっていなかったのですが、wikipediaによるところによると)
6次産業(ろくじさんぎょう)とは、農業や水産業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも業務展開している経営形態を表す、農業経済学者の今村奈良臣が提唱[1]した造語。また、このような経営の多角化を6次産業化と呼ぶ[2]

生産者の方々が販売まで工夫してがんばるのを応援しよう、というかんじなのかな。
そんなわけで選ばれた4つの商品のパッケージデザインをし直すことになり、中之条ビエンナーレの総合ディレクター、山重ボスの指揮のもとチームが発足。年度末納品ということですさまじいスピードで進んでいきました。

豆栗1 豆栗2 豆栗3 豆栗4 豆栗5

こんなかんじで構想を練っていって、出来上がったのがこちら!

akaiwa-soba_8393.jpeg
その1:重要伝統的建造物群保存地区 六合 赤岩そば
伝統のある立派な土地で作られるお蕎麦ということで、重厚感のあるかんじを目指しました。

hanaingen-nimame_9198.jpeg
その2:六合の幸 花いんげん煮豆
若い層の購買者を増やしたいということで、お豆のかわいらしいかんじと六合村の自然の要素を合体させデザインしました。

9030_sRGB_photo-miho-nishikata.jpg
その3:中之条百花はちみつ(イラスト:町田早季 )
おなじみ町田氏に愛らしい花をたくさん描いてもらって、華やかなボトルに仕上げました。

mamemonogatari_8895.jpeg
その4:中之条豆物語(大豆、えごま、小豆、花豆、ミックス)
小さな米袋を使い、中之条町の要素をちょっとレトロにまとめました。


:::::::
プロデュース:一般社団法人 中之条町観光協会
クリエイティブディレクター:山重徹夫
デザイン:YORIKO
写真/webデザイン:西形美穂
webサイト:nakabito(www.nakabito.com)
:::::::

今年度から道の駅や色んなところで販売予定だそうです。
そしてこの後も引き続きバッグや前掛け、まだまだ製作中!
山重ディレクターのほんわか的確ディレクション、観光協会さんや関係者のみなさんのあたたかなチームで、毎回とても楽しくお仕事させていただきました。
こうやって、アートプロジェクトで訪れた町でそのあとデザインのお仕事で繋がれるということがすごくすごく嬉しい。本当に、ほんとうにありがとうございました!

ちなみに中之条ビエンナーレ2017は9/9〜10/9に開催です。またいろんな意味で激しい日々が訪れるんだろうなあ。。
ツヅケ!



2017年春

全国で有数の?読者さま、こんにちは!
またちょっと更新をご無沙汰してしまったけれど、一生懸命生きています。
主に阿佐ヶ谷に、たまにあちらこちらに飛んでいったりしてます。

特に今年に入ってから、慌ただしい日々がずっと続いてしまって、もう「やっちまった」「言っちまった」の連続でした。
たくさんやることがあって忙しいというのはありがたい話だけれど、余裕がなくなりすぎて偏屈になって、イライラしてしまう悪循環に陥りました。つまづいてコケそうになった石コロにまで殺意を覚えてしまってたもの。

詰め込む時期は必要だけど、日々をなるべく丁寧に、機嫌良く過ごすのはなんて大切なんでしょう。
でも外に出て周りの人の話を聞くと、まあなんというか本当にみんなそれぞれ、それぞれに色々あって、大変なわけで。悩みもしんどい部分もそりゃ人それぞれだあと再確認、自分の心の狭さに反省。

まあそんなこんなで2017年の確定申告(初めての青色!)も終わりました。親愛なる先輩にご紹介してもらった税理士さんのおかげです。ばあちゃんと夜な夜なレシートを貼る作業も愛しかったけれど、これからはスマート会計に果敢に挑戦していくわよ。
収益用紙を見返すと、なーんか大人になったものだなあと感慨深くなったり。
もうじき20代も終わる身分で大人も何もないんだけど!
自分の中のちっぽけなものづくり歴史が走馬灯のようにかけめぐりました。

nikuman_w.jpg
スタート地点、肉まんを粘土で一生懸命作っていた専門学校時代。
シリーズ名はおニューなユーモア、でNewmor。いまの屋号です。

ogikubo1.jpg
住んでたアパートの家具を取っ払って展示会をやったり。
(壁をボロボロにして敷金の倍額を請求されたっけ)

10380415_726584517388148_459519297796432206_o.jpg
そしてなぜかエイっとロンドンに渡り、リボ払い地獄に陥りながら修行の日々。
引きこもってUFOばかり作ってたり。

sign.jpeg
テムズ川から桃を流すことに執着したり。

orchestra.png
ヒースロー空港をハーメルンの笛吹きばりに演奏して歩いたり。

YORIKO_07.jpg
日本とイギリスを往復しまくって、みんなで宇宙のキャンプをやったり。

b7_.jpg
中学校のジャージを着て町の人たちと音楽会をやったり。

yoriko.jpg
まんじゅう屋のボランティアにいそしんだり。

YORIKO_03.jpg
縄文人の真似っこをしたり。

YORIKO_05.jpg
着ぐるみを着てのび太くんと歌ったり踊ったり。

img_5264_20160710233709672.jpeg
屋台を段ボールに入れてブルガリアに運んだり。

14125132_1145486208831308_8731478414562340310_o.jpg
海賊になってみたり。

おやこ小cover___
ついに学校を作ったり!

成長。。。

最初はただただやみくもに、欲求で手を動かしてて、
自信もないけど後にも引けないという状況でやっていって、
人と一緒に作り上げる「プロジェクト」を本腰入れてやってきたいなあと思うようになって。
チラシや広告作りの単発の仕事でなんとか食いつなぐことはできても、
その軍資金を表現で発散する、みたいな印象に(きっと自他共に)なってって。
なかなか苦しい時期もあったなあ。

でもすこしずつすこしずつ、自分の持ち味がわかってきて、堂々とできるようになって、
「お仕事」として地域でのアートプロジェクトを担えるようになってきて。
片意地を張らなくても良くなってくると、グラフィックデザインとアートプロジェクト、の垣根も無理に作らないで、どちらも楽しく取り組めるようになってきたような気がする。2つを統合した、空間作りっていう分野もすごく面白い。
プロジェクトをやった地域でその後、デザインのお仕事で引き続き関わらせてもらえるということも起こっていて、すごく嬉しい。
担当してもらった職員さんと、その後お友達として遊べることもすごく嬉しい。
仲良くなったちびちゃんにその後も手紙をもらったり、卒業式や成長していく様子を聞かせてもらったりすることもすごくすごく嬉しい。
「おかえり」と言ってもらえる場所が増えていくことは、最高に嬉しい。

世の中にはすごい人がいっぱいいて、素敵な人がいっぱいいて、
みんなそれぞれのやることをとても頑張ってる。
自分の人生は自分しか全貌を知らないわけだし、人のそれと勝手に比べてもしゃーない。
そしてきっとわたしはわたしなりに、自分の仕事をすごく愛してるんだ。
だからそれでいいんだと思いました。
一人前を一応目指して、これからも一生懸命がんばるぞ。
できることならなるべくご機嫌で!
春だしね。

ツヅケ!



にぎりたておにぎり ある日

《おにぎり屋さんをつくりました》


東京都杉並区荻窪にあるおにぎり屋さんがリニューアルオープンしました。その名も”にぎりたておにぎり ある日”。朝昼晩、それぞれの場面に合わせたおにぎりを、ひとつひとつ丁寧に握ってくれるお店です。
田邊泰大さんディレクションの元、私は店舗デザインを担当させていただき、これでもかという位の手作りDIY戦法で外装内装を作り上げました。夜明けが訪れない感覚に何回も襲われたけれど、(体力の限界値を大きく更新しました)こんなに自由にやらせてもらったお店が東京に、しかも大好きな街荻窪に出来て、光栄の一言に尽きます。泣けます。


寛大で勇敢な心のある日さん、共に死闘を分かち合ったペンさん、毎度の鬼神ぶりで施工して下さった望月さん、素敵な写真を撮ってくれたゆーじさん、差し入れやお手伝いで救ってくれた友達。本当に、ありがとうございました!

おにぎり、とっっても美味しいので、お近くにお越しの際はぜひ食べて行ってくださいね。


《にぎりたておにぎりある日》
東京都杉並区荻上荻1-5-9(JR荻窪駅北口徒歩1分)
月〜金 8:00-23:00 (土日祝は10:00-15:00)
TEL: 03-6383-5616


Creative Director / logo deign : 田邊 泰大
Space Design : YORIKO
Building design and construction : 望月成一
Photo : 島崎雄史

Special Thanks: うちのおかん(暖簾作り)


image1(3).jpg

初期スケッチ。


朝_外観

ある日の朝。黄色。


昼_外観

ある日の昼。水色。


夜_外観

ある日の夜。紺色。


外観3

がぶ、ほろ、じわ。稲穂生えてます。


屋台

なんとかつてブルガリアに運んだ屋台が生まれ変わって再活用。嬉しい。


中1

店内にも暖簾だよ。ロゴデザインは田邊氏です。


おにぎり

おにぎり、とってもおいしいです。


メニュー-2

手描きのメニューは朝昼晩で変わります。


Done the new challenge re-designing a japanese restaurant(rice-ball shop) in Tokyo. Literary everything, from cutting woods to dyeing cloth is made by hand through countless nights. I feel grateful and accomplishment, thanks to all who made it with me. Please come visit there to taste the best rice-ball ever!