FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31/12/2011

2011年 12月 31日 (土)



あっ








という間 に、
ことしも おわってゆきます。

にっぽんとの時差は9時間、
あちらはもうニューイヤーで、
こちらはまだ大晦日の夕方。

かかなきゃ、
ことばにして残さなきゃ。




展示が終わって、ゆっくり 冬のロンドンの中で息をして、
ぐるぐるぐるぐるぐ
と 回っていたもや、
そのもやの正体がわかった気がする。
静かに静かに、やってきてるそれを待っていて、
うれしいような、びびっているような、
そわそわしてる。







一言でなんてまとめられないよ、
すんごい 年 だった。
でした ね。

結局、個人としてしか考えることしかできないし、
たくさんのことも知らない。

でも確かにわかること、
わたしたちはいま、
とても大きな時代の変わり目の、
はじまりのところに立っている。
崖がまっぷたつに割れるヒビが入っていて、
どっちにいくか、どっちが正解か、
どうやったらわかるんだろう。
おどおどしている。



日本人のだれしもにとって、
言葉もでないくらい、大きい、悲しい出来事がおこって、
それはきっと私たちひとりひとりに、じぶんの生活の意義を考え直させて、

でも、中心に触れていない限り、
結局日常は日常で、
感覚は薄れていって、
時間がたつことを望んでいるのかそうでないのか、
わからなくなっていく。



ひとそれぞれ、ていう言葉はずるい。
なんでもそれで終わっちゃえるから。
とてもパーソナルな世界でわたしたちはそれぞれ生きていて、
正解もなにもあったもんじゃない。

でもね、そんなのはさみしくって、
やっぱり未熟でも間違ってても、
一生懸命考えたいから、
思ってることを言い合いたい。


変わるべき、
変わる時。
そう多くの人が言って、
でも結局何も変わってないじゃないか、っていう声もあって、
でも、動き出したひとたちは確実にいる。


わたしもそうです、って、
いまはまだ、大きな声では言えないけれど。



きっと、
目指すところがはっきりしたんだ。
そんでそれはすごくすごく大きい高いところにあって、
だからこそ、自分のいる位置が本当にはじまりの、スタート地点だってわかるから、
すごく悔しいし、その今の自分をみせることは、
こわいけれど。



ものをつくっている。
何のために?
未来のために。

自分たちのいるこの場所を、社会を、世の中を、
良くするために、私たちはいるんです。
みんなそれぞれ違う役割を持ってる、
わたしの役割は、これなんです。
堂々と言えるようになりたい。


やさしい社会が生まれるよう、
貢献がしたいんです。
便利不便利とかそういうものはもうよくって、
ものじゃなくって、意志。
人としての、あたたかい気持ちを、
何よりも大切にするべき未来が待っている。
絶対に。


説得力。
それには、続けること。
それだけなんだ。



すごい文章を読んだ。
正直で、苦しい気持ちも入ってて、
でも強くて真剣で優しい希望があって、
それは 世の中に向けた、あたたかい意志でした。

仲間をさがしてる、
おなじものを見れる仲間。
ぜったいに、世界中のいろいろな場所にたくさんいて、
集まったら、すごく大きな力が生まれる。
会えたってわかった時、すごくうれしい。
そう言えるひとたちがいて、
だから、すごくすごくうれしいし、
仲間になれるように、自分も、がんばらなきゃ。


来年も、これからも、
そういう出会いをさがしてる。
きっとあるんだと思う。
だから、とっても、楽しみです。


日本人として、ロンドンにきて、
ここで生活をして、
違う言語を学んで、
違うひとたちと話して、
考えることができて、
形にすることができて、
とっても幸せです。





明日を歌おう。
って、とっても良いことばだと思った。
















































             00560012.jpg












コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。