2205

5月22日



あれやこれややっていることっていうのはひとまずおいておきたくなった








かあちゃんから、ひさしぶりにメールがきて、

10歳のときから一緒に暮らしていた猫の空さんが、
天に召されました、とききました。



最高のにゃんこでした。
とても性格は悪いんだけど、
最高にかわいかった。



近所のラーメン屋の横でにゃーにゃー泣いていたのを拾ってきてから、
気がついたら15年もたってたんだって知りました。
小中高校桑沢、家を出るときまでずっと一緒にいた。


何も食べなくなって1ヶ月と10日がたったって、
それで体中の脂肪がなくなって、
拾ってきたころのように小さくなって、
冷たくなっていったんだって。


でもわたしはこうしてロンドンにいて、
その瞬間に立ち会えなくって。

とても悲しくなったし、
ああ、ごめんね、空さん、って。



あれれ、なんであいつはいないんだ、
くらいには思われていたのかなあ。




15年前といまは、何もかもが違っていて、
でも動物は、じっと、そっと、
いつもの毎日を過ごしていて、
変わっていく周りのものたちを見ているのかなあ。

さいごに、
どんなことを思ったんだろう。


わたしは、責任のない、よくない拾い主だったなあ、
でも、おとうちゃんおかあちゃんがかわいがって、最後まで見届けてくれて、
きっと生活のいろんなところから、楽しいことを見つけるのがとても上手な子だったから。
うちにもらわれてきて、人生をかえられちゃったけれど、
悪くはなかったって、思ってくれてたらいいなあと思う。












たいせつなひとたちがいるんなら、
ちゃんとたいせつですよって、
伝えておかなきゃいけないなあ。
それはあとまわし、とかじゃなくって、
今なんだろうとおもう。







(むずかしいけれどね)























(ありがとう。)

































 545910_376512322395371_100001098199032_963270_162935347_n.jpeg








コメント

よりちゃん、そらさんに言葉で確かめることはできないけど、よりこがそらさんのことをすきだったのはちゃんと伝わってて、できることをして、そらさんを大事におもって大事にしたひとたちがいて、それでわたしはよかった、って今思った。もしもちがう風になっていたらっていうことは出来なくて、今までにおこったことは悪いこともいいことももう動かないから、「でも、まあとにかく、よかった気がするよ」ってまとめられたらいいな。

わたしは、よりこんちに行って、ちっとも媚を売らないそらさんをとってもかっこよく思ってたよ。弱っていく体はしんどかったろうから、今はきっと軽くて楽になっているはず。どこかで、うちのムーンと仲良くやっていたらいいな。とか、そんなことを思った。町田ともども、愛してるぞ!また夏にね!長生きしようね!
非公開コメント