FC2ブログ

八戸プロジェクト記4/28-5/1

4/28木
八戸10日目。そろそろチャリも相棒と呼ぶにふさわしくなってくる。本日より車庫から脱出、二階にスペースをもらい制作スタート。祭り感を出すにはやはりフラッグだろうということで、縄文色を醸し出すべく麻と染めた布で。縄文は金属は使うべからず、無駄に手作業。せっせとやっていると、わらわらと職員さんボランティアさん清掃さん、お客さんなどなど人々が覗いてくれ、ちょいちょい話ができるようになった。やったあ。

4/29金
八戸11日目。本日もお芝居稽古。役者のみなさま真剣に取り組んでくれて、ほんとにありがたい。お芝居の持つ臨場感は、格が違う。振り切って、良いもの作らなきゃ。その後昨年お世話になったジェンベ奏者サム助さんがご登場。サム助さんは、それはお見事に人を楽しく音楽の世界に導けるお兄さん。サム助さんにお任せすれば間違いないから、とても頼もしい。はっちに戻って、ちわさんが衣装作りを手伝ってくれる。もはやお友達というかお姉さんというか、とにかくちわさんが私は大好き!

4/30土
八戸12日目、あっという間に4月ラスト。まだまだやることが山積みだけれど、焦ってもしゃーない。手伝ってくれる小久保様と、あれこれ話をする。大先輩の小久保さんに、ついつい仕事とはなんですか、だの大人になるってなんですか、だの質問攻めにするも、そのまま答えてくれるから嬉しい。プロフェッショナル、とは、昨日より今日を、今日より明日をもっと良い日にできるよう、自然と努力が出来る人、だって!良い事を教えてもらったなぁ。覚えておこう。プロフェッショナルになりたいぞ。


5/1日
八戸13日目、世間はゴールデンウィーク、日曜日。そんな中当然本日も縄文館。そろそろ普段の風景と化してくる。なんちゃって縄文村を作るべく、町田画伯の縄文人たちを勝手に大量にスタイロで再現。(ほんとにありがとマチダ)がががと作り、やっと大物にメドがつく。現地に行ってみると、本番の想像がついて、とてもテンションが上がる。真ん中からどーんと旗を掲げるのだ。良いぞ、良いぞ、あと4日!

コメント

非公開コメント