FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルガリアヨーグルト記2

6/7月
おはようブルガリア!はるみさん京子さんとゆっくり朝を過ごし、10時、WTAFのスタッフさんであり作家のTeoさんが車でアパートまで迎えに来てくれる。屋台を乗せて出発。

メイン会場であるFabrikaに到着。スタジオやらイベント会場として使われている場所らしく、雰囲気とてもかっこいい。屋台を置き、京子さんの材料を買いにすぐ近くのホームセンターへ。

Bauhouse、巨大!色々買っていくけどほぼブルガリア語でノーアイデア、だけどTeoがとても親身に色々教えてくれる。この人めちゃくちゃ良い人だと伝わる。YESは"ダ"、NOは"ネ"とまずは知る。
Fabrikaに戻ってきて、みんな作業開始。我らジャパニーズ組以外いないけど!はるみさんの隣で屋台を組み立てる。ぶっ壊れるかなと思ったけどみんな無事、良かった!


はるみさんも京子さんも、お世辞抜きに本当にかっこいい作品を本当に真摯に作る作家さんで、それを近くで見れるなんて光栄の一言です。空間がどんどん変わっていく。
Niaや広報さんたちが到着。セルビアから参加する日本人作家さんのまりこさんとも会えた。みんな良い人だと話は聞いていたけれど、本当に本当に感じが良くて、びっくり。

あたいと屋台

骨董品でアクセサリーを作る可愛いオッちゃん。

広報のセクシーお姉さん。とてもお似合い!
6時、屋台も完成して、ふたりの作業も良い感じで、みんな優しくて、幸せにFabrikaを出る。近くのレストランでみんなでごはん。

任務であるヨーグルト研究も少し進む。通常は脂肪分2%、リッチテイストで4%、Elenaというブランドが人気、だがホームメイドのばあちゃんの作るヨーグルトがダントツで美味い、誰もヨーグルト研究所の存在は知らない。よし!
ここの人々の素敵さを知り、屋台も完成し、とてもハッピーな1日でした。明日は観光しちゃおっと。むふふ。ツヅク!

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。